在宅ワークは

大雪の予報が出ていますが
皆様の地域は大丈夫でしょうか?

会社の私の席から見える景色は
晴れてます(^^)/☆


朝、嶺北のお客様に頂いた写真では
たくさん積もっていたので
驚きました( ゚Д゚)


ともみんからの写真も
吹雪いていたので
山1つでの天気の違いに
驚いています。


大雪に備えて
ガソリンや灯油の補給
食料の確保は
お早目に…

ちなみに数年の前の
福井の豪雪時に
雪山に突っ込んだのを
近所の方と消防の方に
助けてもらったのですが
その際に「不急不要の外出はしない!」
とご指導いただきました。


なるべく無駄な買い物に行かないようにして
日持ちするようなもの
買いだめをするようにしていますm(__)m



こんにちは♪

木造りの家 元気担当
   中村(み)です(*’ω’*)☆★


関東の方では
緊急事態宣言が 発令されたみたいですね。


落ち着きそうで落ち着かないコロナ。
最近ではマスクや除菌シートの持参。
手指の消毒、手洗いうがいの徹底
換気などが普通になってきました。


今までは飲食店などのお店のドアは
「開けたら閉める」が普通でしたが
最近では「換気」であったり、
「開けたままの方が良いのかな?」と
考えることもあります。


生活スタイルが大きく変化して
住宅の営業として
情報収集は怠らず、
どのような提案ができるか。
どのように寄り添えるか。
が大切だなぁ…と思っています。


生活スタイルの変化として
「在宅ワーク」も、その1つとして挙げられます。

「在宅ワーク」と言うと
昔のイメージで言うと
内職みたいな感じですが

コロナ以降の在宅ワークは
パソコンやオンラインを使って
家で仕事する。感じですね。

学校などでも
オンライン授業を行う所もあるみたいです。

ちなみに私の学生時代は
今ほど「オンライン」
と言う言葉は浸透しておらず、
「オンライン=オタク」なんて
マイナスなイメージを付けられておりました(;^ω^)


現在では「オンラインゲーム」を
している子どもたちは多いようですね。


さて、少し話はそれましたが(;^ω^)

在宅ワークやオンラインをしていると
カメラがあれば後ろの背景が気になったり
「仕事をする部屋」が欲しくなりますね。

いつもご飯を食べている食卓テーブルで
仕事ができるか?と問われれば
集中できない。と言う方も
いらっしゃるのではないでしょうか?


そうなってくると注目されるのが
やはり…

「書斎」

若狭展示場のように
LDKと同じ空間にあり
ちょっと個室っぽい書斎や
福井展示場のように
後ろはライブラリーとして
前カウンターの書斎で
個室感があるパターンなど。


他にも

吹抜けにつながる部分で
家族の気配を感じながら仕事をできる書斎。

秘密基地のように
階段下に作られた完全個室の書斎。


もちろんメリット・デメリットは
使う人によって違うので
「在宅ワークできる書斎!」と言うよりは
「どんな風に在宅ワークしたいか」を
考える必要があります。


もしかすると
書斎と言うよりは
LDKの一角のカウンターが良い時も…?


営業さんや設計さんと一緒に
「暮らし方」を考えていきましょう(*^^)

また違うものが見えてくるかもしれません。




株式会社 武笠
木造りの家 中村美穂
電話番号:0776-43-1785

次の記事

養生