絨毯

今月は展示場に敷いてある絨毯についてです。
展示場では『ギャッベ』という絨毯を敷いています。

ギャッベはイラン南西部の高地で遊牧する遊牧民によって
織られている手織り絨毯です。

遊牧民と一緒に生活している羊の毛を使った天然ウール100%で、
色は草や花などを使って染める草木染めという方法で染めています。

手で紡いだ糸を一目一目結びながら手織りで織っているので、
膨大な時間と手間がかかりますが、
その分 丈夫でかなりの耐久性があります。

また、世界にたった一枚の一点物の絨毯になります。

朝夕の気温差が激しい環境で育った羊の毛は、
調湿効果を備えていて、保温性や通気性にも優れているため、
季節に関係なく一年中敷きっぱなしにすることができます。


株式会社 武笠
家の森スタッフ 坂本朋未
電話番号:0776-43-1785

次の記事

9月のお知らせ