南欧風の随所にこだわりが詰まった家

木造りの家では珍しい南欧風の外観をした家です。
ストリップ階段やアイアン手摺、タイルなどインテリアにもお客様のこだわりが詰まっています。
木を感じられるよう、建て具にもあえて節ありの木を使いました。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider
お客様の声
さまざまな条件の一致

実家がログハウスで昔から木の家に住んでいたので、家を建てるなら木の家が良いと思っていました。
家づくり計画当初から、私たちの中で【自然素材】【洋風】といった家のイメージは、ある程度決まっていて武笠さん以外の住宅会社を他にもいろいろ見ました。
もちろん他にも候補はありましたが、土地探しのこと、私たちの理想通りの使いたい素材であったことなど様々な条件が武笠さんと合い、担当してくれた営業さんの印象が良かったこともあり、武笠さんでお願いすることにしました。

当時の不安

どちらかと言うと、武笠さんの建てる住宅は和風寄りの住宅が多かったので、正直、「洋風になるのか?」と当時は不安でした。
分かりやすいようにと設計の方も色を塗ってくれたりしましたが、雰囲気が分かりづらいこともありましたね。
でも、完成した家は屋根の色などもイメージ通りです。

若狭町I様
若狭町I様
若狭町I様邸
大きさよりも素材重視

「素材力」は、木造りの家で私たちが一番推したい部分ですね。
自然素材にこだわって天然木や漆喰などを使用していますし。
他の住宅会社さんでは、木が良いと言いながらも無垢の床を使用していなかったり、漆喰と言いながらもクロスを使っていることって多いですよね。
でも木造りの家は本物ですし自然素材の効果や良さは本当に実感しています。
これは住んでみないと分からない良さかもしれません。
それなりのものを使っていますし決して安い家ではないですが、それでも私たちは、家が小さくても良いと思いました。
大きな家よりも素材にこだわりたいと思いました。